ハワイでも日本と同じように、いつも使っているスマートフォンを使いたいものですよね。

もちろんネットに接続するには、現地ハワイの通信会社の回線に接続しなければなりません。

日本の携帯電話会社の海外定額パケットを申し込んだ場合、1日の料金の相場は2,000円で、動画などを観ると3,000円に跳ね上がってしまいます。

費用をより安く、快適にネット接続するのであれば、WiFiルーターをレンタルして現地ハワイの通信会社の回線に接続することおすすめします。

ハワイ現地にはWiFiルーターのレンタル店が色々あり、レンタル料金の相場は1日$10程度です。

動画など容量の多いデータを観ることができないものがあるので、事前に確認することをおすすめします。

アロハデータ(ALOHA DATA)のデータ使用量が無制限で使えるレンタルプランがおすすめ!

私はいつもアロハデータ(ALOHA DATA)のポケットWiFiルーターをレンタルしています。

スーパーアロハデータというプランがあり、データ使用量が無制限なので、データ使用量を気にすることなく使用することができるのでとても気に入っています。

インターネットにサクサクつながって、動画も途中で止まることなくスムーズ観ることができ、ハワイ全島で使用できます。

どこでレンタルするのかというと、ハワイのレンタル店に行くのではなく、ネットで予約しておけば、日本出発の2日前に自宅、職場、空港(※1)など、日本の指定した場所に送料無料でポケットWiFiルーターが送られてきます

返却は、日本帰国後に返却用パックに入れてポストに投函すれば完了で、こちらも送料は無料です。

つまり、ハワイ現地での手続きは一切不要となるので、貴重なハワイ滞在時間を有効に活用することができます。

また、事前に日本でWiFiルーターの動作確認ができ、ハワイに到着したらすぐにスマートフォンが使えるので、到着直後の空港の様子などをSNSにアップすることができます。

アロハデータ(ALOHA DATA)のポケットWiFiルーターは最大10台まで同時接続が可能なので、グループで使用すればひとり当たりの費用は更に安くなります。

通信可能範囲はおよそ45メートルなので、ホテルの部屋が隣や向かいに分かれていても大丈夫です。

(※1)空港での受け取り場所
成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
羽田空港国際線ターミナルJALエービーシーカウンター(3F出発カウンター)
中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

ハワイでWiFiをレンタルするとこんなメリットも!

スマートフォンを日本で生活している時のように使えれば、ハワイ滞在期間が充実できることはもちろんですが、ハワイだからこそ役に立つということもあります。

まず、英語が苦手という方は、翻訳サイトを利用することで、言葉の壁が低くなります。

自分が伝えたい内容を英語に翻訳し、そのスマートフォンの画面を相手に見せたり、音声で聴かせたりしている場面を最近多く見るようになりました(※2)。

もうひとつ、もしレンタカーを借りるのであれば、スマートフォンはカーナビの役割をしっかりと果たしてくれるので、レンタカーのオプションでカーナビをレンタルする必要がなくなります。

レンタカーのオプションでカーナビをレンタルすると1日$10~$15くらいの費用がかかってしまいます。

(※2)英語を翻訳する機会が多いのであれば、アロハデータ(ALOHA DATA)ではオプションで「ポケトークW」という翻訳機もレンタルすることができます。

アロハデータ(ALOHA DATA)はサポート体制も充実しているから安心!

アロハデータ(ALOHA DATA)には、ワイキキに現地デスクがあります

ポケットWiFiルーター以外のことでも、ハワイに関する質問や、何かトラブルがあれば相談に乗ってくれる心強い味方です。

場所は、ワイキキの免税店があるワイキキギャラリアタワーの6階です。

このように、何かと便利で、ハワイ滞在期間を充実させてくれるアロハデータ(ALOHA DATA)のポケットWiFiルーターは、小さなサイズですが、とても大きな役割を果たしてくれる優れものなのです。

無制限プランがあるアロハデータ(ALOHA DATA)のポケットWiFiルーターをレンタルして、充実したハワイ滞在期間を過ごしましょう!