ホノルル国際空港カーレンタルセンターを利用します

ハワイ・ホノルル国際空港の団体出口および個人出口から徒歩でおよそ2分の場所に、「CAR RENTAL CENTER(カーレンタルセンター)」ができたことで、ホノルル国際空港に到着してからレンタカーを借りるまでの時間を大幅に短縮できるようになりました。

これまでレンタカーを借りるには、レンタカー会社のシャトルバスをピックアップして、レンタカー会社の受付カウンターに行かなければなりませんでした。

その場合、シャトルバスが来るまでの時間が長ければ15分~20分かかるケースがあり、さらにシャトルバスへのスーツケースの出し入れという面倒な作業も発生していました。

ハワイに来ていきなり「シャトルバスはいつ来るのだろうか?」という不安な思いをした経験のある方は少なくないと思います。

「カーレンタルセンター」ができたとこで、シャトルバスを使用せずに簡単にレンタカー会社の受付カウンターまで行けるようになりましたので、「カーレンタルセンター」への行き方を解説します。

まず、団体出口および個人出口を出て右方向に歩きます。

左手の道路には横断歩道が何本か現れるのでこの数を数えておきます(途中下記写真の案内表示もあるので安心です)。

ハワイ-レンタカー-安い

3つ目に現れる横断歩道を渡ります。

下記写真を参考にしてください。

向こう側に「CAR RENTAL CENTER」の青い看板が見えます。

ハワイ-レンタカー-安い

ハワイ-レンタカー-おすすめ

そのまま建物の中に入るとすぐにエレベーターがあります。

ハワイ-レンタカー-おすすめ

エレベータは使用せず、そのまま直進すると、正面に主要5社のレンタカー会社の案内板が現れます。

ハワイ-レンタカー-格安

案内板の矢印の方向の通り右に行けばすぐに、受付カウンターが「Budget」、「Avis」、「Hertz」、「National」、「Advantage」の順に並んでいます。

ハワイ-レンタカー-格安

%e3%83%9b%e3%83%8e%e3%83%ab%e3%83%ab-%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%bc-%e5%ae%89%e3%81%84

要約すると下記図になります。

ホノルル-レンタカー-安い

レンタカーはこの建物の上部の階に止まっているので、受付を済ませ車のキーをもらったら、先ほど通った建物の入り口にあったエレベーターを使用し、受付で指示された階に行けばOKです。

主要保険フルカバーのパッケージプランを実施しているレンタカー会社を選びます

 格安で安全・安心のレンタカー会社を選ぶ2大ポイント

  • 価格は保険、税金、空港使用料、ガソリン1タンクの有無等を含めたトータルで判断します
  • 事故やパンク、レッカー移動等、万が一の事態が発生した時の日本語での電話対応サービスの有無を確認します

上記のポイントを踏まえたうえで、おすすめするレンタカー会社は「バジェット(Budget)」です。

主要5社が並ぶ受付カウンターの一番手前にあることからも、利用者の多いことが伺えます。

「バジェット」のお得な利用方法は、まず、日本を出発する5日以上前に「バジェット」のホームページからネット予約をします。

様々なパッケージプランがありますが、最もおすすめなのは「スーパーゴーバジェット」というプランです。

主要保険が走行距離無制限で含まれていて、ガソリン1タンクについても含まれているので返却時ガソリンを満タンにする必要もありません。

保険等含まれているものは下記の通りです。


  • 自車両損害金支払免除制度(LDW)
  • 搭乗者傷害及び携行品保険(PAE)
  • 追加自動車損害賠償保険(SLI)
  • 緊急医療保険(ESP)
  • 自動車損害賠償保険(LP)
  • 空港利用料
  • サーチャージ
  • 各種税金
  • 追加運転者(1名)
  • ガソリン1タンク
  • 走行距離無制限

もちろん、万が一の時の為の日本語電話サービスも実施しています。

価格はJCBカード、マスターカード、DCカード、NICOSカード、VJAグループカード、MUFGカードを利用すれば更に10%の割引が適応されます。

事前予約することで、受付カウンターでの手続きがスムーズに行えるメリットもあります。

受付カウンターに提出すものは、日本の運転免許証、本人名義のクレジットカード、予約確認書(予約が完了した時点で送付されます)の3点です(ホームページにはパスポートを提示する旨が記載されていますが、提示を求められることはほとんどありません)。

この3点を受付カウンターに提出をしたら、ほとんど受付担当者と会話をする必要がないので、受付担当者が日本語を話せなくても手続きをスムーズに行うことができます(日本語を話せる担当者もいます)。

予約無しの場合はパッケージプランが利用できないことから、価格が高くなり、受付でひとつひとつの保険内容の説明を受け、加入の有無を判断しなければならないため、時間がかなりかかってしまうので、必ずホームページから予約をしておきましょう。

バジェット公式ホームページ