ロイヤルハワイアンセンター内にあるステーキハウスの名店「ウルフギャングス・ステーキハウス」。

今や東京や大阪にも出店していて、予約がなかなか取れないほどの盛況ぶりだそうです。

オーナーのウルフギャング・ズィーナー氏は、ニューヨークでナンバーワンのステーキハウスと言われている「ピーター・ルーガー」において40年以上活躍した経験の持ち主とのこと。

フィレミニョンステーキは分厚さに驚いてしまいますが、脂肪分が少なく柔らかいので、女性でもさらりと食べることができる嬉しい一品です。

ひと口目は何もつけずにビーフ本来の味を堪能して、その後、好みに応じてソースをつけて食べるのがおすすめの食べ方です。

巨大ワインクーラーが完備されていて、豊富な種類の中からワインを選ぶことがでるのも嬉しい!